シロッコファンの特徴は高価構造複雑

換気扇は大きく2つの種類にわけることが出来ます。1つはプロペラ式、もう1つがシロッコ式となります。換気扇を導入する場合はこの2つの特徴をそれぞれ把握しておく必要があります。まずシロッコファンの特徴は排気ダグトを介して換気をすることとなります。その為にキッチンの場所は必ず外壁に接していなければならないという必要はありません。例えば室内の中央部にキッチンを配置なんてことも可能になります。ついでにどちらかといえば静音設計となります。そして外風の影響を受けにくくなります。言い換えれば外風が強いエリアなどではプロペラ式は不向きということになります。その外風の強いエリアの具体例の1つは高層マンションの上階などが該当したりします。だからマンションの高層階はプロペラ式はあまり多くありません。ただしいいことばかりはありません。逆にデメリットとすればメンテナンスや掃除は構造が複雑なために素人では手に負えなくなり業者への依頼の可能性が高まります。また導入価格も高価となります。

台所にシロッコファン

シロッコファンといってもあまり、聞きなれない言葉です。でも、レンジフードファンの一種と言えば理解出来るかもしれません。そのメリットはダクトを利用して自由な方向に排気出来ることです。ということは何も、壁に向けてレンジを置く必要がないわけです。しかも、プロペラファンと違って外部の風の影響を受けません。そのせいでしょうか。屋外へ直接、煙を出せない場合や高層マンションでも利用されています。それに吸い込む力が強いというメリットがあります。音が静かで気流を自在に曲げられるのもシロッコファンのいいところです。でも、価格が高くて掃除が中々大変です。とはいうものの、価格が高いのは今まで、普及していなかったせいです。なので、これから一般的に普及すれば安価な製品も出てくるかもしれません。結局、取り扱う業者によって価格も微妙に違うので比較してみるといいでしょう。

シロッコファンのメリットとデメリット

一戸建て住宅でこれまで一般的だったのが、プロペラファン型の換気扇でした。掃除等のメンテナンスは比較的に楽ですが、騒音が大きく強い風に弱いなどのデメリットがあります。それに対して、マンションや最近の住宅で主流になりつつあるのが、ダクト排気式の「シロッコファン」です。これは、円筒状の羽を回転させることで空気を吸い込み排気する構造です。ダクトを通って調理中の油煙や蒸気などを排気出来るので、アイランドキッチンなどコンロの設置場所に制約されません。また、騒音が比較的に小さいというメリットがあります。デメリットとしては、羽が何十枚もあるのでメンテナンスが大変な事と価格が割高な事が挙げられます。それでも、効率性や電気代の面からみてもコストパフォーマンスは良いので、長い目でみれば充分採算が合う事になります。