シロッコファンとプロペラファン

換気扇や空調装置に使われる送風システムには、シロッコファンとプロペラファンがあります。一般住宅などでよく見かけるプロペラファンは、単純な羽根を回して空気を送り出す仕掛けで、外に面した壁に直接取り付けます。構造が簡単なため掃除がしやすく、吸い込む力も強い反面、騒音が大きく、外の風が強い場合には影響を受けやすいというデメリットもあります。シロッコファンは幅の狭い多数の羽根を縦方向に並べて回転させる送風機です。吸い込んだ空気はダクトを通して外へ排出されます。風量は多いものの吸い込む力は弱く、ダクトが長いと効率が悪くなります。また構造が複雑で掃除がしにくい点はデメリットです。しかし騒音は小さく、排気を自由に曲げられるという利点があります。シロッコファンとプロペラファンは、用途に応じて使い分けることが大切です。

シロッコファンの仕組み

シロッコファンとは、多翼送風機であり、回転方向に対していくつかの幅が細い羽根が取り付けられていて、比較的低い静圧による範囲に用いられている送風機であり、空調用や給排気用、燃焼空気排気用などについて用途も広くなっています。また、台所に使用されているレンジフードファンによる一種であり、ダクトを通じて自由な方向に排気することができ、プロペラファンと比較して、屋外における風の影響が少なく、レンジフードにおける背面から直接屋外に排気することができない場合や外部による風が強い高層マンションなどにおいて用いられていることが多く、換気用機器に使用されているファンの一種であり、前向きに反っている比較的長さに関しては短い羽根がいくつか付いており、様々な送風機に使用していくことができ、深型レンジフードや浴室換気乾燥機などによく用いられています。なお、ダクト配管については必要なマンションなどに関する建物においては、ダクト配管によって自由な向きに排気していくことができ、プロペラファンと比較すると風の影響を受ける場合も少なくありません。

リフォームならシロッコファンかプロペラファンか

シロッコファンとは、日本語で書くと「多翼送風機」と表されます。一般家庭によく見られる、扇風機のような換気扇が「プロペラファン」で、これとよく比較対象になります。回転方向に対し、幅の細い羽根を円筒状に多数取り付けてあるもので、アイランドキッチンなど、壁に直接ファンを取り付けられない場合によく用いられます。特徴として、プロペラファンに比較して騒音が少ないこと、消費電力が少ないこと、最近の住宅で多い気密性の高い構造でも喚起量を確保出来る、などがあります。キッチンのリフォームでよく比較され、最近ではシロッコファンは少しずつ主流になりつつあります。排気や給気性能はシロッコファンの方が上ですが、壁付けタイプのプロペラファンは設置工事が楽である点などやはり一長一短があります。よく比較検討した上で、納得出来る方を選びたいですね。

クロスフローファンは、タンジェンシャルファン、横流ファン、貫流ファンなどと呼ばれることがあります。 製造設備、検査、試験設備等の増強と充実、さらにコストの低減を目標に日々努力を続けています。 創業50年にわたり送風機・熱交換器を設計・製造してまいりました。 軸流ファンは、工事現場や塗装ブースで活躍しています。 送風機とは、気体を移動させたり圧力を高めたりする機械です。 三上鉄工ではシロッコファンの最適なタイプをご提案!